2019/02/27        コラム

兵庫県公立高校入試 合格はGOALじゃないっ!

     

当塾は、公立高校入試が終わっても中3の授業を続けています。

せっかく受験のために勉強してきたのに、高校の授業が始まるまでの2ヶ月間勉強しないことが凄くもったいないと思うんです。

高校受験が終わった直後って今までの人生で学力ピークのはずなんですよね。そこは進学高校・商業高校・工業高校を受ける生徒も変わらなくて、せっかく学力がピークになっているのだからそのまま高校の予習をやっちゃいなよって思うんです。

確かに、高校から春休みの宿題は出るのですが、それでもまじめに取組む生徒もいればやっつける生徒もいるのが宿題の常です。2ヶ月間も勉強しないと勉強の感がにぶっちゃいます。
全力疾走受験モードは解除して良いのですが勉強する習慣は崩して欲しくありません。

スポーツ選手がオフシーズンでもランニングなど基本的な練習は行っているのと同じですね。まったく体を動かさないということはありません。

 

1.大学受験は早めに意識するにこしたことはない。

大学入試、特に私立大学の一般入試が本当に信じられない倍率になっている現状から考えれば、

お父さんお母さん世代からすれば、「○○大学くらい行けるやろ?」みたいな大学の倍率が凄いことになってるんです。これが本当に。。。笑うしかありません。○○大学に行きたいって聞いたことある大学名を高校1年生と一緒に去年の倍率調べたら苦笑いしてました。

 

「推薦を狙う」っていう選択肢も十分にあります。高校1年の1学期の成績でスタートダッシュを切れるかどうかってメチャクチャ重要なんです。大学入試推薦は高校1年の成績も大きく影響します。推薦こそ逆転合格は不可能なのです。

噂のAO入試は少し違いますが、AO入試については日を改めて書こうと思います。
AO入試って就職活動のようなものですから、相当な準備が必要です。就職活動って大学の雰囲気・学部によって違いますが1年くらいは準備するものです。ダメ元で良いから受けてみれば?にしては準備が大変すぎる。。。

 

2.実は高校生の大半が授業についていけていない

「高校生の大半が授業についていけてない」

ベネッセさんの調査を見てみると、少し古いデータですが、アンケートで「授業が分かる」と答える高校生は3割だけだそうです。。。私の肌感覚としてもこんなもんかなと思います。
https://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/kodomoseikatu_data/2009/hon3_1_01.html

 

2-1 高校生勉強しない問題

いろんな原因が考えられますが、、、個人的には、小学生・中学生・高校生の中で、高校生が1番勉強しない!ってことなんだと思います。中学生の時にくらべて家庭学習時間が少なくなる高校生が多いんです。これもまたベネッセさんの調査にお助けをお願いします。

https://berd.benesse.jp/berd/center/open/report/kodomoseikatu_data/2009/hon3_1_01.html

平日でも2時間半から3時間以上勉強する高校生増えるんですけど、、、、まったくしない高校生が凄く多くなるんです。予習中心の授業で予習時間とらないとそりゃ分からないですよね。。。

 

2-2 義務教育ではない問題

もうひとつ大きな問題としてあるのが、高校は義務教育ではない!ということからなのか、多くの高校では上位30%の生徒に合わせた授業が行われているイメージです。その結果、高校の定期テストって平均点30点~40点みたいなテストが当たり前になってしまいます。高校の先生も頭を悩ますところだと思うのですが、中学生のように3学期にギリギリで教科書が終わるなんてことやってたらそれこそ大学受験に間に合わないから、、、仕方ないのかも知れません。

「うわぁああ 物理25点やったぁ でも平均点32点やからなぁ~。こんなテストで80点取れるヤツって変態よね。頭の構造が違う! 仲良い連中は大体20点くらいやから大丈夫!!」

みたいな世界です笑!
みなさん言ったことありませんか?

この台詞。中学生の時は、80点90点が当たり前だった子たちの台詞ですよ??
でもテストがそこまで難しいのかというとそうでもないんです。
中学校の定期テストと同じように教科書からの問題のはずなのに平均点が30点なんです。
(確かに定期テストに大学入試レベルの問題が出る高校はありますが・・・。)

 

1-3 就職こそ成績順でしょ!!問題

1番最初に「商業高校・工業高校・進学高校でも変わらず勉強は続けた方が良い」と書いたのは、「就職こそ成績順に決まる」ということです。高卒の就職活動は「学校長の推薦」なんです。学校長の推薦ってほぼ成績のことですよね。

課外活動や勉強以外のこともしっかり記録に残すという流れはあります。でも、学校長が1学年数百人もいる生徒1人1人の個性を把握できる訳がありません。そうなるとやっぱり求人の中から成績順に良い条件の会社に推薦されていくのだと思います。

商業高校・工業高校の生徒こそスタートダッシュを切っていきましょ!1年の1学期の成績がず~~っと続いて行きます! 1学期で良い成績をとってしまえば続くことが多いです。中学生みたいに1年2学期でいきなり点数落とすというのは考えにくいです。

 

「せっかく頑張ったんだから高校入る前の夏休みくらい遊びたいやン!!」確かにそうなんです。本当にそう思うんです。「勉強なんてしたって将来の役に立たないし、中卒・高卒でも凄い人たくさんいるやん??」そうですよ! そうなんですよ!! 中卒・高卒の社長さんとかたくさん知ってますよ!

 

そんな訳で、当塾は兵庫県公立高校入試が終わってからも勉強を続けるというお話でした。
勉強は習慣なので続けることに損はないです。