2019/07/07        大学受験の話

赤穂の高校生に本気で伝えたい。

     
高校受験 赤穂 塾

こんにちは

個別指導塾Willbeの光庵です。

 

 

この1週間で嬉しいことがたくさんありました。

2年~3年前に当塾に通われていた生徒のお母さんからLINEを頂いたことです。

塾人として嬉しいことベスト10にランクインするかもしれません。

 

嬉しい勢いで、ブログ書きます!

 

 

赤穂の高校生に伝えたいこと。

(大学受験をお考えの保護者様へ)

このブログを赤穂市の高校生が読んでいないことは知っています。

それでも、書きたい。

赤穂市のお父さん、お母さん!

我が子に伝えて下さい。

 

 

結論は「少しでも速く大学受験を意識出来た人が大学受験に参加できる資格がある。」少なくとも高校3年生になってから大学受験を考え始めるのは本当に遅すぎます。大学受験の全容を把握することも、勉強も間に合いません。

 

 

 

 

2つのニュース

・「TOEIC撤退ショック ― 大学入試共通テストに参加せず」

・「大学入試採点に”学生バイト”は絶対反対だ

 

この数年は本当に大学入試改革の話題に事欠きません。最近も上記2つのニュースが発表されて以来、教育業界のブログ・ツイッター・ユーチューブetcはかなりざわついています。教育業界の「ざわつき」を見ていて私自身は、大学生が記述問題を採点することに関して賛否を述べるつもりはなく、

 

・大学受験への準備は勉強だけでは駄目なんだ。

・勉強以外の準備が大変なんだ。

 

ということをただひたすらお伝えしたい。

 

 

 

親世代とは受験が全く違う

中学生や高校1年生の時点で大学や大学卒業後に意識が少しでも向いている生徒は気にしなくても

よいと思います。キチンと情報を取りにいけると思います。

 

そうなんです。進路を選ぶにあたり情報が多すぎるのです。

 

親世代(40代)が大学受験をする頃は、大学へ行くのに理由なんて必要はなくて、成績の上から順番に行ける大学に行っていたというのが大学受験の実情でした。

 

良い大学に行き、良い会社に就職して、良い車に乗って、、、それで良かったのです。確かに、興味や関心について考えて学部を選ぶ必要はあったように思いますが、基本的には自分の偏差値を上位の大学(学部)から順番に比べていって行けそうな学部を受けるというイメージです。

 

 

学部・学科が意味不明

学部名や学科名を見ただけでは何を勉強する学部・学科なのかは想像出来ません。

時代が進めば進むほどに学部と学科の種類は増えていきます。かつて「環境学部」という名前の学部はありませんでした。環境学部といえば地球温暖化のような自然破壊に関する学問でしたが、再三にわたって赤穂民法で取り上げられる「西有年産廃問題」も環境学部の領域です。高雄地区や西部地区の田畑を住宅に転用するにはややこしい手続きが必要なこと、唐船で潮干狩りが出来ないこと、尾崎・坂越・加里屋に空き家が増えていくこと、新田にもう少し信号やカーブミラーを増やして欲しいと思うのも、高取峠にトンネルを作って渋滞を緩和したいのも環境問題です。

 

政治的に学ぶのか、工学的に学ぶのか、理学的に学ぶのか、生物学的に学ぶのか、農学的に学ぶのか、リーダーとして学ぶのか、経済的に学ぶのかによって、あるいはすべて学ぶのかによって○○環境学科と名前が増えていきます。

 

さすがに、高取峠にトンネルを作りたい!と信念を持って大学を選ぶ高校生は少ないと思いますが、私立大学の学部・学科名は星の数ほどあります。

 

分からなくても良い。1mm、、、いや水素原子の大きさほどでも興味がわいたらネットで見て欲しい。紹介しているサイトも星の数ほどありそこでも迷います笑!

 

悩みというのは新しい知識がないと進みません。新しい知識(発見)を得ようとしない悩みは、悩みと言いません。いまこのブログを読んでいるように何かを読む・聞くのです。

 

京都大学でも良いのです!

知っている大学を全部ググってみましょうよ!

そしたら新しい大学名・学部名・学科名に出会えるよ??

考えているだけだと、、、その悩み解決しませんよ?

やりたいことが分かりません?

だったらそもそも何があるかを調べるしかないですよ?

 

 

受験方式が意味不明

大学受験は1人で20~30方式の入試を受けることが出来てしまいます。落ちる度に受けれる日程の大学探していたら、それこそ、、、、本当に。。。はい。

 

大まかには、公募推薦(評定平均がいる公募推薦・いらない公募推薦)・指定校推薦・AO・推薦(評定平均がいる推薦、いらない推薦)・一般入試(センター利用方式、センター+一般入試、一般入試のみ、前期、後期、中期、2教科高得点重視、3教科高得点重視、5教科センター)などです。推薦入試は、これから大学側が枠を増やしていくので、推薦なんて一部の成績優秀者だけでしょ?みたいな話にはなりません。むしろ一般入試こそ一部の成績優秀者のみが戦う場所になりそうです。

 

英検など外部試験も導入する大学、導入しない大学様々で、一部、会場準備が間に合わないため浪人すれば検定が受けれないなんてことも噂されています。(これに関してはただの噂です。)

 

勉強してなんとなく学部を選んで行けるところに行く大学受験ではないのです。推薦入試枠が増えるということは大学に行くのに「理由」「志」が必要なのです。一方で、大学の5割~6割は定員割れをしているようです。定員割れをしているということは、名前を書けば受かるという意味です。行きたいと言えば受かるという意味です。

そんな大学に数百万円の学費を払いますか?

 

 

例えば、中学定期テスト10番の子が相産に行く?

積極的に塾生にオススメしている訳ではありません。中学の定期テスト10番の子が相産に行くのをどう思われますか?私は「アリ」だと思ってしまいます。その学力があるなら「もったいない!」みたいな言われ方をしてしまいますが、相生産業高校でトップにいれば相生高校で半分の順位にいては絶対行けない大学へ行ける可能性があります。どの高校へ行くより、どの大学へ行くのかのほうが絶対に大事です。赤穂東・赤穂西・赤穂・坂越・(有年は生徒がいないので分かりません)で10番になれる学力があるなら相産でTOPになることは難しくありません。

 

例として相産の名前を出しましたが、佐用高校でも良いわけです。

 

 

数学が苦手だから高校で文系を選ぶという発想はなくなる。

物理と数Ⅲを選ぶかどうかは確かに大きな問題で、数学が苦手な子が数Ⅲ・物理を避ける気持ちは分からなくはありません。

 

文系大学に数学はいらないのか?

 

数学必須の文系学部は増えていきます。経済学部の入試に数学が必要ないなんてことはもうなくなります。少なくとも定員割れをしない大学の経済学部に数学は必須になっていくはずです。

 

どちらにせよ数学を捨てればすれるほど選択肢はなくなります。

 

情報学部、プログラミング系の専門学校・学部に数学が必須ではない学校はあります。数Ⅲを学ばずに情報、、、確かに何かしらのプログラミング言語を学べばプログラミング自体は出来る訳ですが、ひたすらパソコンに向かって誰かがデザインしたコードを入力し続けるプログラマーになってしまうのではないかと思ってしまう。

 

どなたか数Ⅲを勉強せずにプログラマーになることをについての考えを教えて頂けませんか?数Ⅲ。。。勉強しておくべきですよね?

 

友だち追加

 

 

 

 

「高校生に大学どうするの?」と聞いて、自ら調べられる生徒は少ないのは知っています。調べさせるしかありません。どの地域でも全国偏差値50より校内偏差値50の方が難しい高校の1年生の1学期の進路希望調査で具体的な大学名を書ける子が多いと思います。そうでない高校生は大学の名前を知りません。知っている大学は本当に超有名大学だから行けるはずがないと思っています。進学校の生徒は行けると思っているから超有名大学の名前を書くのかもしれません。それでも、高校3年生になった時、ちょっと有名な大学の名前をようやく知るという状態ではとうてい大学受験とは戦えません。何の準備も出来ません。一般入試で1番倍率が上がっているのは超有名大学でもなく、ちょっと有名大学でもなく、偏差値で並べたときに、、、「この大学なら私にも行けそうやん?」みたいな大学なのです。

 

高校3年生になった時、国公立、、、、関関同立、、、、産近甲龍?、、、大阪工業大学?ぐらいの大学がどんどん難しくなっているのは誰でも知っています。違うんです。それより偏差値としてはもう少し低い大学の倍率が1番上がっているのです。それ、、、高3の夏休みに知って勉強間に合いますか? 間に合うとは思いません。

 

大学に行きたいかどうかも分からない中で勉強しなさい!は難しいかもしれません。

先に大学受験について知っていって下さい。

高校受験のノリとは違うということに早めに気が付き出して下さい。

 

どこでも良いから大学へ行くという発想は本当に危険です。

 

 

調べる方法

昔ながらの方法で厚さ5cm程の「大学受験案内」を図書館・図書室・進路指導室で眺めても良いかもしれません。

模試を受けているベネッセマナビジョンに登録して知っている大学から調べていっても良いかもしれません。

 

⇩のようなアプリを使っても良いと思います、

やりたいこと、行きたい大学を探すことにテクニックは必要ありません。

泥臭い情報収集のみが必要です。

何故やりたいことが見つからないのか?

それは選択肢が多すぎる社会においては自分にある選択肢が多すぎて整理できない!

ということが確実にある理由です。

さぁ 調べましょう!!