2019/08/22        関係ない話

塾に獅子舞きてくれないかな?

     

今日は塾とはまったく関係ない話です。

地元で獅子舞に参加しているせいか、塾の獅子を待って欲しいと思って3年が経ちました。そんな話です。

 

 

もうすぐ秋祭り

お盆が終わりなんとなくFBを見ていると、赤穂観光協会さんが赤穂の秋祭りをイベント公開されていました。

大学を卒業して、就職して、30歳を過ぎて「地元赤穂に戻ろう」と決めた理由に、獅子舞の存在が3%ぐらいあると思っている私は、テンションが上がりました。

赤穂の秋祭りで有名な祭りといえば、坂越「大避神社」塩屋「荒神社」尾崎「八幡神社」が有名ですよね。でも、赤穂市内には無数の神社がありグーグルマップで「赤穂 神社」と検索するだけで見たことない神社がたくさん出て来ます。

それぞれの神社で「獅子舞」をやっているのだから驚きます。

〇〇保存会が何個あるのでしょうか?

20団体はあるでしょうね。赤穂の人は祭り好きです笑

2017年からハーモニーホールで開催されている伝統文化祭に集まる人の数も凄い。

座りきれなくて立ち見してますよね!

赤穂の獅子舞は面白い

赤穂に帰ってから地元の獅子舞に再び関わるようになり、(職業病だと思うのですが)、大避神社、荒神社、八幡神社の歴史的背景を個人的に勉強しています。面白いと思うのは、獅子舞の流派と神社の系統にはまったく関連性がないことです。

髙雄周辺(周世、目坂、木津、髙雄、中山)の神社と坂越の一部(高野、上浜市)のスタイルは似ていますが、八幡や大避神社が混在していますよね。髙雄周辺のスタイルと福浦周辺のスタイルも似ています。

獅子舞がどういう風に広まっていったのかが個人的に気になって仕方ありません。中学生の時、地元の獅子舞と高野、上浜市、坂越の獅子舞がまったく違うことに衝撃を受けていらいの興味です。地元の長老方に聞くと昭和初期に〇〇村の人たちが〇〇村に獅子舞を教えに行ったとかいろんな話が聞けるのですが、諸説ありすぎて〇〇にはいろんな地名が入りそうで怖いです。

髙雄村も坂越村も赤穂市に合併されて年月が経った昭和初期に村同士の交流で獅子舞が伝わっていった話は分りますが、それ以前の歴史をたどれません。忠臣蔵で有名な「赤穂藩」が時代ごとにどの地域のことなのかが分らないから獅子舞の系譜もたどれません。赤穂市中心部(尾崎、御崎、新田)の獅子舞のスタイルと髙雄・有年・福浦・折方のスタイルが違うのはこのあたりにヒントがありますよね!

 

赤穂の民俗史に詳しい方教えて下さい!

塾生にも獅子舞に参加したことがある獅子舞好きはいるので、獅子舞の話をすると結構な人数がくいついてくれます。授業を1時間つぶして獅子舞の話をして欲しいと言われますが、さすがにやりません!「赤穂市の成り立ちと獅子舞の伝承」

古くは、、、宇佐神宮の。。。。源氏が八幡を。。。。

獅子舞を伝承して行きたい方、

自分の子どもが獅子舞に関わって欲しいと思っている方、

個別指導塾Willbe オススメです。

ちょっと違いますか?

違いますね。

塾では「祭りに参加せずに勉強しよう!」と生徒に伝え、

地元の獅子舞では「獅子舞やろうよ!」と伝える自己矛盾の季節です。

獅子舞 来たよ!


↓↓お問い合わせはコチラ↓↓↓

友だち追加