2020/03/31        無題

新型コロナウィルスと4月の方針

     

塾長の光庵です。

 

 

ついに東京都が都立の学校の休校措置を延長すると発表しました。

 

 

 

学校の再開は「ゴールデンウィーク明けの見通し」ということですが、実際にはいつ再開になるのかはわかりません。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO57466690R30C20A3CR8000?s=4

 

 

 

 

この流れは、大きくなるかもしれません。

 

 

 

 

誰もが経験したことのない状況です。

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

兵庫県の状況とWillbeの対応

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk03/corona_hasseijyokyo53-100.html

 

 

早い時期に姫路市内でのコロナウィルスの感染が確認されましたが、西への異動は確認されていません。他地域と比較すれば感染者を抑えているといえるでしょう。

 

今後、どこまで感染者が広がるか注視する必要はあります。

 

 

兵庫県教育委員会のでは、3/27(金)の発表では予定通り県立学校の授業再開を予定しています。赤穂市立の学校も兵庫県教育委員会の対応に準じていると思われます。

 

4/2(木) 兵庫県知事が学校再開の方針を発表しました。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202004/0013242301.shtml

 

 

 

 

個別指導塾Willbeは、3/2からの臨時休校時から、空気清浄機のフル稼働、非接触型の体温計を使用しての検温記録、手洗い・消毒の徹底、除菌殺菌の徹底など対応をして参りました。

 

 

休校期間中には、オンライン自習室を開校し、通常授業もオンライン指導が可能な生徒はオンラインによる指導を行い、少人数での授業を行ってきました。受験生に関しては、堂々と塾での自習を朝から夜まで行いました。

 

 

他塾、大手塾の方針を鑑みるに公立中学校の再開のメドが立ったことにより弊塾同様に通常授業が再開されている模様です。弊塾より、はるかに多い生徒数を抱える大手塾経営者様の決断にいたる葛藤を思えば、私も、お気持ちをお察しいたします。

 

 

 

 

 

塾を開けば感染リスクはある。

 

塾を休業すれば、生徒各位の学力低下を保護者様や生徒が心配する。

 

 

 

 

 

オンラインに切り替えれば、ネット環境により不公平が生まれたり、ただでさえ忙しい状況のなかでオンライン対応の準備をして頂く必要もあり、オンラインによる学習効果に保護者様は不安を覚えます。

 

 

 

特に、前回の臨時休校時もそうであったように、小学生教育においてはオンラインの対策は難しい。

 

 

 

 

 

 

 

弊塾では、双方向映像システムであるZoom(テレビ電話)による個別指導、公式LINEによる質問の受け付けと解説、タブレット・スマホ・LINEアカウントを持たない中学生・高校生に対してはタブレットを貸し出しChatWorkによる質問対応を行ってきました。保護者の方からは高い一定の評価を得てきたように思います。

 

 

 

 

4月の方針

 

現在の状況下では、通常通り授業を継続していく方針であります。

 

数ヶ月分のハンドソープ・殺菌除菌スプレー・ペーパータオルの貯蔵は完了しています。

 

使い捨て・医療雑巾も大量に用意をし、次亜塩素水による取ってなどの消毒も頻繁に行えるようにしております。

 

 

 

しかし、

 

これらは当然の対応で有り、赤穂市の状況が一変した場合、100%安全で無菌状態を作り上げたので通塾して下さいといえるものではありません。

 

 

 

 

 

赤穂市の小学生・中学生・高校生は学びを止めてはいけません。

 

学力格差がひろがります。

 

赤穂市内の学力格差を申しているのではありません。

 

日々、個人塾塾長と連絡を密に情報を交換しております。

 

私は、全国の小学生~高校生が学びを止めていないことを知っているのです。

 

 

 

やはり、臨時休校に甘んじて「学ぶ」ことを止めてはいけないのです。

 

 

 

塾に通う、通わないを問わず全国の小~高生は学びを止めていないのです。

 

 

 

いままで勉強していた子が勉強から離れることがあってはならないのです。

 

 

 

弊塾は、仮に臨時休校が延長になったとしても学びを止めない姿勢を崩しません。

 

 

 

オンライン指導が可能な生徒は、オンラインに切り替えていく体制を再度準備して参ります。前回は、2週間というメドがありましたが、今回は、どうなるかわかりません。小学生に対しても学びの手を止めない方法を実践していきます。

 

 

 

 

4月もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

保護者のみなさまへのお願い

 

現在、弊塾では特に手洗い・消毒、検温の徹底を行っております。

 

WHOガイドラインなどに従うと手洗いは、1分以上かかります。

 

そのため、授業は定刻通りに始らないことがあり、終了時間が遅くなることが多くなっております。

 

 

 

特に、小学生に対しては、水分をキチンと拭き取っているか目視確認を行っております。入退室が混み合う時間も徹底しております。

 

 

 

ご理解頂ければ幸いです。

 

 

 

 

緊急事態宣言および赤穂市内の学校休校延長を受けて。