2021/01/21        関係ない話

我が子にスマホを持たせる前に読んでおきたい本

     

なるほどな。

 

3度の飯より本がすき。

個別指導塾Willbeの光庵です。

 

 

 

「スマホ脳」(アンデシュ・ハンセン著〈新潮新書〉)という本を読みました。

 

 

 

きっかけは、弊塾でも教材を使用している都麦出版の鳥居社長がブログで紹介されてなんとなく興味が湧いたというだけでございます。スティーブ・ジョブズは、我が子にipadを自由に使わせていなかったという話も有名でございます。

 

 

今日は、その中で個人的に気になった点を1点ご紹介。

 

 

 

 

 

SNSは「孤独」を加速させる。

 

 

「自己肯定感」

 

 

「承認欲求」

 

 

教育に関する書籍を読んでいくと必ず出てくるキーワードです。「最近の子どもは、自己肯定感が低い」なんて書き方をよく見ますね。

 

 

「最近の子ども」は自己肯定感が高いのか低いのか、、なんとなくは分るが、そんなこというなら「私」だって自己肯定感は高くないwwwそう思う親御さんも多いかも知れませんね。

 

 

「スマホ脳」には、スマホの悪影響がこれでもかという程書かれております。なぜ「最近の子ども」は自己肯定感が低いのか?というテーマに関連する話が書かれておりました。(ハンセンさんの問題提起がそこではない点、ご了承下さい笑)

 

 

その見出しが「SNSを使うほどに孤独に」です。

 

 

 

 

あれ?

 

オカシイですよね??

 

SNSって孤独だから使うのでは??

 

むしろ、中学生や小学生達は「孤独」になりたくないから、周囲の友達から取り残されたくないからスマホを欲しがりSNSに参加しているのでは??

 

SNSを使うことで「孤独」から解放されるのでは??

 

 

 

矛盾します。

 

 

 

 

 

「スマホ脳」には、

 

「2000人近くのアメリカ人を調査したところ、SNSを熱心に利用している人達の方が孤独を感じていることが分った。この人たちが孤独かどうかは別問題だ。」

 

と書かれておりました。

 

 

 

 

 

どういうことなのか??

 

 

 

 

 

SNSを過度に使用すがる人は、常にまわりと比較することで「自信を失う」ようです。

 

 

なるほど。

 

 

 

孤独感!!

 

 

 

可愛くなりたい。。。

 

 

 

インスタをみればイケてる投稿が盛りだくさん。10代を含む若者1500人を対象にした調査では「7割がインスタグラムのせいで自分の容姿に対するイメージが悪くなった」そうです。

 

 

なるほど。

 

 

スマホでなくても生活の中で他人と比べて自分の劣ってそうなところを見つけることはありますが、

 

 

頻度の問題なのでしょうね。

 

 

私もTwitterやLineグループで全国の塾長と交流をしていますが、「全国にはヤバい個人塾塾長がたくさんいる。」「塾生の平均偏差値が68だと??」「頑張っても頑張っても彼らに追いつける気がしない。」「私はいままで何をぼやぼや生きてきたんだ??」なんて思うこともあります笑。

 

 

確かに、、、、自信を失いますね。

 

 

どうせ私なんて・・・。

 

 

我が子が↑↑の台詞を口にした日には、、、、。

 

そう思うのが普通なのですが、毎日毎日そんなことを考えだした日には・・・。

 

 

 

 

 

SNSには、自分より賢い人や成功している人が常にいます。事実かどうかさえも分らないのに。。。笑。

 

 

 

 

 

 

便利であるし、スマホやipadを使いこなす必要もあります。

 

 

社交生活のためにSNSを使っているうちは、「孤独」を感じないように思いますが、社交生活のかわりにSNSを使用すると精神状態を悪くするようです。

 

 

我が子にスマホを持たせるかどうか、

 

 

どんなルールを決めるべきなのか?

 

 

 

迷っておられる方は、「悪い影響」に少し洗脳されてから熟考してみて下さいませ。

 

 

さ。

今日も明日もハリキッテ参りましょう。