目指すはキミ史上最高の成績

キミはキミの人生の主役なんだ

キミ史上最高の成績を目指すためにWillbeに来て欲しい!

 

過去の合格実績(公立高校)
相生高校(自然科学)、相生高校、赤穂高校、相生産業高校(機械、商業、電気)、上郡高校(普通)、上郡高校(地域環境))、太子高校、佐用高校

 

過去の合格実績(大学)
近畿大学、日本体育大学、京都産業大学、尾道市立大学

 

キミ史上最高の成績を達成する秘密

small step
スモールステップを全力でかけ上がれ!
Will be で使用するテキストでは、1つの例題に対して1つの学習要素を学んでいきます。つまり分りやすいのです。学びのポイントやテクニックを余すことなく詰め込んだ授業を展開し、テキスト全問題の100%理解を実現します。「わかる喜び」を実感しながら着実に学習を進めていくため学習意欲も高まります。
terative learning
「基礎」の「反復学習」で「基本」を身につける

Will be では、あくまで基礎問題の徹底に大部分の時間を割きます。「基礎問題=簡単な問題」ではありません。一流のスポーツ選手が基礎をおろそかにするでしょうか?家を建てるときの基礎工事は簡単でしょうか?目に見えている「家」そのものの工事より長い時間を目に見えない基礎工事にかけているのではないでしょうか?

 

小学1年生の時点で、算数用語を約200個習っていることは知られていません。算数のテストに差が出始めるのは小学4年生が多いのですが、確実に基礎計算もしくは小学1年生から習っている算数用語が定着していないことが原因です。

 

応用問題とは、基礎を組み合わせた問題のことです。Will be では、基礎を繰返して演習することで、学習の基本スタイルとも言える「型」を身につけます。基礎がみについたところで、難しい問題にもチャレンジし応用力を高めていきます。

habituation
自分のペースで学んで習慣化
学習意欲が高まり「基本」(学習スタイル)が確立できても、継続できなければ成績を伸ばし続けることが出来ません。身につけてきた「基礎」が異なる生徒が同じ時間で同じように学習して同じ成果は出ません。

テストまでに問題集を最低でも3周できるよう「時間」で月謝を頂くのではなく「教科」で月謝を頂くことで、毎日通っても同じ月謝、つまり学習の習慣化を徹底的にサポートしています。

 

塾長メッセージ

個別指導塾Willbe 塾長 光庵良仁

 

当塾は個別指導の学習塾です。全ての方が学力向上と志望校合格を期待して入塾されます。当たり前ですが、私たちはお子さまの学力向上に全力を尽くします。その点においては、他の学習塾と変わりありません。

 

①1人で勉強出来るチカラ
②自分で考えるチカラ

 

個別指導塾Willbeは、勉強のやり方を教え、勉強に自ら取り組む姿勢を身につける場所です。知識を確実に自分のものにし、それを次の学習に活かすこと。それが本当の「学力」です。勉強をしているとわからない問題が出てきますが、その時、「先生に頼る」発想ではいけません。

 

解説を読んだり、参考書を片手に根拠にもとづく勉強を塾で練習し習慣化することで、 『自分で勉強ができる生徒』に育てていきます。将来を考えた時、主体的に動ける人が求められます。だから、18歳になるまでに、勉強を通じてこれらのことを伝えたいと考えています。

 

高校生で「ジガク」ができない生徒は確実に落ちこぼれます。その為、中学生の内から「ジガク」ができるように育てることも大切なことだと考えています。「ジガク」の大切さやその習慣の必要性についても説明していくところ。 また、「授業の受け方(メモする、姿勢)」やテスト対策、間違い直しの仕方、塾の使い方なども伝える場としています。

 

 

「夢」が見つからないからこそ勉強に没頭して欲しい。

一方で、私たちが生徒に1番身につけて欲しいと思っていることは「やりきるチカラ」です。イチロー選手は小さな頃からプロ野球選手になるという夢をかなえるために毎日毎日練習していたそうです。修学旅行の日ですら練習をやりきっていたそうです。周囲から「なんだ?おまえはプロ野球選手にでもなるつもりか?」と馬鹿にされながらも夢にむかって必要なことをやりきっていた(いる)そうです。そんなチカラを身につけてもらいたい。そんなチカラがあれば人生を豊かになるでしょう。

 

では、夢や目標がない子たちはどうするのでしょうか。子ども達に「夢を持ちましょう!」「夢がないから頑張れないんだ!」というのは簡単ですが、「将来こうなりたいっ!」と思える夢を持てていない子ども達も多いと思うのです。
そんな子ども達にこそ「やりきるチカラ」を身につけて欲しいのです。つまり、夢があるからやりきれるのではなく、「やり切った子達」が夢が持てるのです。「夢」という言い方をするとキレイすぎます。身近な小さな目標を達成できるから、小さな目標を達成するために「あ?でもないこ?でもない」と考えるから、世の中思い通りにならないことの方が多いと分かるから、新しい目標を持つことが出来るのです。

 

夢なんてなくて良いのです。やりたいことなんてなかなか見つからなくて当たり前です。だからこそ将来見つけるだろう大きな目標のために、今必要な学力向上を通して「やりきるチカラ」を身につけて下さい。

 

キミ史上最高の成績を目指してやり切っていきましょう!

全力で応援します!